過去の受賞者 令和2年八戸 令和元年山形 平成30年秋田

 令和3年度化学系学協会東北大会(郡山大会)
 ポスター賞受賞者紹介

A.無機化学/分析化学/環境化学 5件
1P005澤村瞭太(東北大院環境)
■受賞者コメント(受賞した研究のアピールポイントなど): この度はポスター賞に選定いただき,誠にありがとうございます. 今回の発表では,配位子にラジカルを有する白金錯体の近赤外光のエネルギーを熱に変換する効果(光熱効果)に着目し, がん光熱療法への応用展開を目指した基礎検討と,がんのアクティブターゲティングを狙った新規白金錯体の合成と特性調査について紹介させていただきました. 本研究は,近赤外吸収白金錯体をベースに,よりピンポイントにがんを治療できる薬剤を合成・開発し,副作用の少ない温和ながん治療を提供するだけでなく, その先の健康長寿社会の実現に貢献するものとして,大変意義深いものと考えます. 最後に,研究全体のご指導・ご助言を賜りました指導教員の壹岐伸彦教授,細胞実験に関して多くのご協力をいただきました 東北大学大学院工学研究科 珠玖仁教授,伊野浩介准教授,また本研究に関わってくださった多くの方々に深く御礼申し上げます.
■希望進路:研究職(大学・研究機関・企業を問わず)
■今現在、化学で興味を持っている事柄など:外因性金属錯体の生体との相互作用,金属錯体の医療分野への応用,機能性の配位高分子を用いたドラッグデリバリー
■指導教員名:壹岐 伸彦 教授
■研究室名(高校生は部活名など):壹岐研究室
■研究室HP(URL):https://ikilab.wixsite.com/site
1P012劉涵宇(東北大院環境)
1P021早坂光平(東北大院理)
2P007長澤瞭佑(東北大院理)
2P020西原周佑(東北大院理)
B.物理化学 3件
1P035佐藤亮太(山形大院理工)
■受賞者コメント(受賞した研究のアピールポイントなど): この度は、物理化学部門にてポスター賞に選出頂き、誠に有難う御座います。 本研究は、次世代LEDデバイスの発光源として注目される「ペロブスカイト量子ドット」をターゲットに、 その実用化を鑑みた「狭い範囲での発光波長制御」にフォーカスした内容となっております。 具体的には、結晶の格子歪みを効果的に利用した混成軌道の制御により、精緻なバンドギャップの制御を達成し、 1 nmオーダーでの極めて狭い範囲での発光波長制御を実現致しました。 本知見は、次世代ディスプレイ向けの色域規格「BT.2020」で要求される理想的な発光波長を達成できるだけではなく、 色変換フィルムやX線シンチレーター等のピンポイントでの発光波長が求められるアプリケーションに対しても極めて有用と考えております。 最後に、本発表にあたり、ご指導頂きました増原陽人教授をはじめ、研究室の皆さま、並びに本研究に携わって頂いた多くの方々に、深く感謝申し上げます。
■希望進路:研究機関
■今現在、化学で興味を持っている事柄など:他分野では御座いますが、計算化学に興味を持っております。結晶の格子状態・結合力等を可視化し、自身の研究に一層の厚みを持たせたいです。
■指導教員名:増原 陽人 教授
■研究室名(高校生は部活名など):増原研究室
■研究室HP(URL):http://masuhara-lab.yz.yamagata-u.ac.jp/wp/
1P036笠原遥太郎(東北大院工)
2P033阿部陽(東北大院薬)
C.有機化学 9件
1P052武田陸(東北大院薬)
1P066佐藤太一(山形大院有機)
1P067広実隆行(東北大院理)
1P070丸岡清隆(東北大多元研)
2P042山崎あかり(信州大院総合理工)
2P059森井一樹(山形大院有機)
2P062柴田暁貴(東北大多元研)
2P069小川敦也(東北大院工)
2P070柳村海希(岩手大院理工)
D.化学工学 2件  
1P090増田美空(東北大院工)
2P084豊川茉那(日大工)
E.高分子化学/繊維化学 6件
1P096植田佳世(山形大院有機)
■受賞者コメント(受賞した研究のアピールポイントなど): この度は令和2年度、化学系学協会東北大会におけるポスター賞に選んでいただき、ありがとうございます。 本発表では光散乱測定や固有粘度測定などを用い、溶媒中におけるポリ乳酸のD,L体ランダム共重合体の分子鎖形態を明らかにしました。 研究に関する多くのご指導をして下さった川口正剛教授、菊地守也技官を始めとする企業の方々、研究室の同期や先輩方、他にも研究に携わってくれた多くの方々に深く御礼申し上げます。
■希望進路:化学系企業
■今現在、化学で興味を持っている事柄など:
■指導教員名:川口正剛 教授
■研究室名(高校生は部活名など):川口研究室
■研究室HP(URL):http://kawaguchi.yz.yamagata-u.ac.jp
1P101高橋駿太(岩手大院理工)
1P102渡辺和樹(岩手大院理工)
1P112吉田直輝(東北大院工)
1P113野部祥太郎(山形大院有機)
2P088今野雅大(秋田大院理工)
F.材料化学 4件
1P116斎藤隆明(山形大工)
■受賞者コメント(受賞した研究のアピールポイントなど): この度は、材料化学部門にてポスター賞に選出頂き、誠に有難う御座います。 本研究は、クリーンで高効率な発電装置として注目を集めている、固体高分子形燃料電池への応用を指向した、新規弱酸性電解質膜の作製に関する研究になります。 現行の電解質膜は、高プロトン伝導度を有する一方で、超強酸性を示すため電極部へ白金触媒の使用が避けられず、高価格化の要因となっておりました。 そこで、当研究室では、弱酸性高分子を用いながらも高プロトン伝導度を有する電解質膜の開発を行うことで、耐酸性の低い安価な白金代替触媒の使用が可能となり、 低価格化を実現し、普及拡大に寄与出来ると考えております。 最後に、多くのご指導・ご助言を頂きました指導教官の増原陽人先生、共同研究に携わって頂きました東北大学多元物質化学研究所の有田稔彦先生、 並びに本研究に携わって頂いた多くの方に深く御礼申し上げます。
■希望進路:大学院進学
■今現在、化学で興味を持っている事柄など:燃料電池だけでなく、金属空気電池やリチウムイオン電池にも興味を持っております。私の研究テーマの対抗馬となるエネルギーデバイスについて知ることで、自分自身の研究に生かせる多くの情報を得られると考えております。
■指導教員名:増原 陽人 教授
■研究室名(高校生は部活名など):増原研究室
■研究室HP(URL):http://masuhara-lab.yz.yamagata-u.ac.jp/wp/
1P121佐藤雅也(岩手大院理工)
2P115赤沼玲奈(秋田大院理工)
2P116谷田恵太(東北大多元研)
G.電気化学 1件
2P133吉岡輝紀(東北大院工)
H.化学教育 1件
2P135加藤脩杜(仙台三高)
Copyright © The Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan. All rights reserved.